美容医療を受けるかは費用も重要だが信頼できる医師であるかの方が大切である

糸か切開かを選択

注射器

気に入るデザインにするために

二重整形には糸を使用して組織を引っ張り固定する、所謂プチ整形タイプと、メスを入れる方法の大きく分けて2通りがあります。比較的費用が安く済み施術そのものが簡単なのは糸を使用する方で、埋没法という名前で呼ばれます。皮膚を持ち上げて結び目を作り固定しますが、その結び目の数次第で料金が変化するのが特徴です。また糸は癒着したり脆くなってしまう前であれば除去することも可能なので、デザインが気に入らなければ元に戻せる点も強みです。それに対して切開する方法は、メスを入れて皮膚を重ねたり組織の除去をするため、確実性が高いです。人によっては瞼の脂肪が多いため、埋没法だと綺麗に二重を作ることができませんが、その状態にも対応できるのが強みです。そして切開は瞼全部を対象にするだけでなく、一部のみに切り込みを入れて費用を抑えられる場合もあります。ただ埋没法で作る糸の結び目は内側にあり、切開法はメスで直接皮膚に切り込みを入れるため、どちらも高い技術が求められます。大切な目に関することなので、確かな技術を持っている医師に依頼しなければならないという点は共通しています。

二重整形を受ける際には必ず事前にデザインの説明がされ、クリニックによってはシミュレーターを使用して画像で確認できる場合もあります。ただもちろん仕上がりを気に入るかどうかはわからないため、費用面に余裕があれば、まずはやり直せる埋没法から試した方が無難でしょう。そうすると周りの反応や日常生活への影響を考えることができ、好印象であればもちろんそのまま持続可能です。また整形施術が終わったらすぐに綺麗な二重が出来上がるわけではなく、ダウンタイムが欠かせず、切開法の場合には術後1週間程度での抜糸も必要であることを覚えておきましょう。ダウンタイムは埋没法だと数日から完全に治まるまでおよそ1ヶ月、切開法は1から数ヶ月の期間が必要です。特に埋没法は2・3日、切開法は抜糸が終わるまでメイクをしてはいけない点が大きいのではないでしょうか。ダウンタイムは費用で何とかできることではないため、もし日常生活に影響が出そうであれば、人に合わずに済む期間を設けるようにしましょう。

Copyright© 2019 美容医療を受けるかは費用も重要だが信頼できる医師であるかの方が大切である All Rights Reserved.