美容医療を受けるかは費用も重要だが信頼できる医師であるかの方が大切である

切開という選択肢

眼

選びにくい切開術のイメージは以前のもの

特に女性はアイプチで毎朝二重を作るのが大変で、日中もアイプチが取れていないか気にしないといけない精神的な負担があります。美しさには日々の努力が必要とは言え、その手間や気にしないといけない悩みから脱却する方法が二重整形を受ける事です。整形術にはいくつか種類がありますが、切開術は半永久的な効果が得られます。ダウンタイムは埋没法の方が短いので、埋没法を選択する方の方が多かったのですが、技術の進歩によりダウンタイムも短くできる様になっています。部分切開と全切開がありますが、脂肪があり腫れぼったい状態や加齢による皮膚のたるみに悩まされている場合は全切開が推奨されています。全切開ではまぶた全体を切開する事になるので、余分な脂肪を取り除く事や皮膚のたるみを取り除く事が可能です。費用は埋没法や部分切開より高くはなりますが、美しくなる目的以外にアンチエイジングとしても検討の価値が高い施術法です。また費用についても美容医療は自己負担ではありますが、クリニック毎に会員割引やキャンペーン割引等の費用負担軽減方法を活用する事もできます。

二重整形の切開法は、メスを用いた手術なので当初は傷がつきます。まぶたを切開し部分処理して糸で縫う事で二重を作る術法です。抜糸は平均で一週間程経過した後に行います。この様な流れなのでどうしても当初は腫れたり傷がついた状態ですが、徐々に改善されていき腫れ等は1ヶ月程で安定していき、半年程で状態は整う経過です。二重整形の切開術をするか迷うネックになるのが費用とダウンタイムの2つになります。費用は全国相場で25万円程になり、決して安い額ではありません。しかし自由診療なのでクリニック各自でサービスを作る事ができるので、割引制度やキャンペーン割引等を活用する事で費用負担を軽減できます。ダウンタイムは数ある二重整形術の中で特に長い期間を必要としますが、施術技術の進歩やアフターケアの充実によりダウンタイムの短縮が図られています。内出血や腫れを引かす事を促進するマッサージやクリーム等のケアや、自宅でできるケア指導等もクリニックで行ってくれます。ダウンタイムの軽減や保証部分の充実が以前より増しているので、受けにくいイメージばかりではなく一度クリニックに確認してみると良いでしょう。

Copyright© 2019 美容医療を受けるかは費用も重要だが信頼できる医師であるかの方が大切である All Rights Reserved.